出張手術

出張手術

2017.06.23 ブログ

こんにちは。獣医師の池田です。

休診日の木曜日、同グループ病院からの手術執刀要請があり、

埼玉県川口市の光が丘動物病院グリーンクリニックへ出張手術に行ってまいりました。

元々私はグリーンクリニックに所属していたのでよく知った場所なのですが、

数ヶ月ぶりの再訪でソファーや診察室の扉の新調など少し変化した部分もあり、

なんだかとても新鮮な気分でした。

今回の出張は、『会陰ヘルニア』という病気を治すための手術目的です。

『会陰ヘルニア』というのは、

肛門近くの筋肉が薄くなるなどにして、腹腔との境界を作る筋肉の壁に穴ができる病気です。

穴が開くことで腹腔内の腸などの臓器が皮膚のすぐ下まで出てきてしまい、

排便や排尿に障害が出ることが最も辛い症状です。

便が出づらくなり便秘だと思っていたら会陰ヘルニアだった、なんてこともありますので

病院での診察が非常に重要ですね。

去勢していない中高齢のオス犬に多いので、特にご注意ください。

 

手術前の写真がこちら。

分かりづらいと思いますが、これから手術をするところなので肛門は縛ってあります。

これは手術中に排泄物が出て来ないようにする対策です。

そして手術は予定通り無事に終了し、麻酔からも穏やかに覚醒してくれました。

その後の入院管理はグリーンクリニックの優秀なスタッフたちが看てくれます。

あとは排泄がスムーズにできるようになって治ってくれれば、私の役割は果たせたことになるので、

早く退院できるように祈るばかりです。