熱中症に注意☆

熱中症に注意☆

2018.05.04 ブログ

最近足元はもっぱらサンダルの看護師富田です。

ここ数日一気に気温があがり、日中は汗ばむくらいの暑さになりますね。

そんな時に怖いのが《熱中症》です。

まだそんな暑さじゃないのでは?

と思われるかもしれませんが、実は熱中症での来院が多いのは5~6月です。

急に晴れて気温が急上昇したり、突然の雨で湿気が多く蒸す日もあります。

日中お仕事でお留守番をしていた仔が、帰宅してみると様子がおかしい…

ということも あります。

急激な症状であれば、ぐったりして呼吸も荒く、体温も高熱になり、一刻を争う事態となります。

その他にも、日中軽い熱中症などになっていると、嘔吐や下痢、少しふらつく…

などの症状もあります。

季節の変わり目でエアコンの設定には悩む時期ですが、日中お家を空ける際には最高気温などをチェックして、弱めでも良いので冷房をかけておいた方が安全かと思います。

また、熱中症以外にも、この時期は寒暖差や突然の雨などの気圧変化などで

体調を崩してしまう仔が多いです。

特に高齢の仔などはそういった変化に身体がうまく対応できない場合も多いです。

ご心配な様子などございましたら、病院にご相談ください☆