猫ちゃんの歯ぎしり

猫ちゃんの歯ぎしり

2018.04.05 ブログ

こんにちは。

スギ花粉のピークが過ぎましたが、今度はヒノキがやってきましたね☆

絶賛花粉症が止まらない看護師の富田です。

さて、最近なつお君(我が家の愛猫)が歯ぎしり?のような音を立てることに気づきました。

猫ちゃんが歯ぎしりのように、歯をガリガリ、ギシギシ鳴らす原因はいくつかあります。

・歯に何か挟まってしまい、取ろうとしている

・歯茎などに炎症があり歯が痛い

・口腔内にできものなどがある

・歯自体に何かしらのトラブルがある

・・・など。

基本的には口腔内が見れば原因を見つけることができます。

また、ご飯の最中や直後に鳴らすことが多い、ご飯の食べが悪くなった時などは上記の理由によるところがほとんどです。

そこで口腔内を見てみたのですが…特段炎症があったり、できものがあったりということはなく。

しかも、鳴らすのはご飯の後ではないことが多い。

そうなると原因は【ストレス】であることが有力となります。

日がな自由にしているので、ストレスなんてあるんでしょうか?!

という生活を送っているのですが…。

猫ちゃんが何をストレスと感じるか には非常に個体差があります。

もちろん、引っ越し、お外の工事、年末年始など普段の家族以外の人たちがきていた…など

普段の生活と違う環境になるとストレスと感じる仔は多いです。

 

しかし、それ以外にも、

飼い主の帰宅時間が普段より遅かった、寝る時間が普段と違っていた、外出が多くあまり家にいなかった…など

ちょっとした変化にもストレスを感じてしまう仔もいます。

なかなか解消するのは難しいことも多いのですが、もしお家の猫ちゃんが歯ぎしりをしていたら、

まずは口腔内をチェックしてみてください。

※口腔内に原因がある場合、痛みを伴っていることも多いので、見せるのを嫌がることも多いです。

そんな時は病院にお任せください。

そして、何も問題がないようであれば、何か最近変化があったか、思い返してみてください。

すべてのストレスをゼロにすることは難しいですが、お互い気持ちよく過ごせるよう考えてあげられるとよいですね☆