当院で対応可能な外科手術について

当院で対応可能な外科手術について

2018.03.21 お知らせ

こんにちは、獣医師の池田です。

当院のホームページを見ていただくとお分かりのとおり、

当院ではワクチンなどの予防診療から、

皮膚科、循環器科など多くの内科系診療はどんな科でも広く受け付けております。

ただし、必要とする検査や治療内容によっては、

専門病院や二次病院をご紹介する場合があります。

外科治療についても同様ですが、

当院で緊急時を含めて対応可能な手術内容をあげさせていただきます。

    犬猫の外科手術

・避妊手術              ・去勢手術                                ・膀胱結石摘出術

・胃切開、腸切開術                       ・会陰ヘルニア整復術           ・会陰尿道瘻形成術(尿道再建術)

・子宮蓄膿症にともなう卵巣子宮摘出術                                       ・眼球摘出術

・腎臓摘出術                                    ・横隔膜ヘルニア整復術    ・鼠経ヘルニア整復術

・臍ヘルニア整復術      ・乳腺腫瘍摘出術                   ・断脚術

・耳道形成術                                     ・大腿骨頭切除術       ・膝蓋骨脱臼整復術

・各種骨折整復術       ・眼瞼内反症整復術               ・瞬膜腺脱出整復術

・皮膚腫瘤摘出術                             ・腹腔内腫瘍摘出術      ・耳血腫腫整復術

・胆嚢摘出術         ・甲状腺腫瘍摘出術    ・椎間板ヘルニア整復術

などがあります。ただ、これら以外にも対応可能な手術内容もございますのでご相談ください。

    エキゾチック動物の外科手術

・鳥 骨折          ・ハムスター 骨折    ・ハムスター 頬袋切除

・体表腫瘤摘出        ・ウサギ 避妊手術    ・ウサギ 去勢手術

などです。こちらに関しては麻酔や出血のリスクが犬猫に比べて高まりますので、気軽に行うというよりはその子に応じて適切な方法をご提示させて頂きます。

いかがでしたでしょうか?

小動物にも安全に使用できるラジオ波メスなどの医療機器も導入済ですので、

より安全性と手術時間の短縮が得られていると感じています。

先日は大型犬の緊急開腹手術があり、

外来診療後に行い無事に終えることが出来ました!

そんなこともありつつ、日々頑張っておりす。

手術に関してはまずは一度ご相談ください。