ネコちゃんの口内炎

ネコちゃんの口内炎

2017.12.20 ブログ

こんにちは。最近目覚ましをヒトの声で起こしてくれるタイプにしたところ、

なつお君(愛猫)が毎回寝起きにキョロキョロするようになりました。看護師の富田です。

 

ネコ好きの方なら理解できるかと思いますが…ある特定の部位のニオイが好きという方は多いのではないでしょうか?

例えば肉球とか、お腹 とか。

私も大好きなのですが、特に好きなのが口です。

まだ5歳と若いこともあり、臭さは全くなく、でも独特のニオイがします。

それがたまらないんですよね…。

さて、そんなネコちゃんですが、口腔内トラブルも起こります。

例えば「口内炎」

ヒトでもなりますが、とっても痛いですよね。

ネコちゃんも同じです。

 

炎症が起きているために知覚過敏になり、痛みのために食欲不振になったり、

悪化すると上手くご飯を噛むことや飲み込むことができず、痩せてきたりします。

お口の周りはヨダレで汚れ、唾液やお口のニオイが悪臭を発するようになってしまいます。

原因としては

外傷、薬物や毒物の刺激、歯肉炎にともなう細菌・真菌感染、腫瘍、ウイルス感染、栄養障害…。

また、ネコ免疫不全ウイルス、ネコ白血病ウイルスなどの感染に対し抵抗が落ちてしまう疾患が基礎となって発症している場合もあります。

治療としては

歯石の除去や抗生物質、抗炎症剤の内服の投与、口内塗布剤の局所投与などがあります。

いずれもしっかりと治癒するまでは継続することが大切です。

口内炎は繰り返しやすく、一度なると再発することも多い疾患です。

なかなか歯磨きなどは難しいとは思いますが、ネコちゃんの健康のためにも

定期的に口腔内のニオイや歯茎の様子、食べ方が変化していないかどうか

…などチェックしてあげてください☆

ちなみに、うちではいつまでも嗅ぎたくなるような口腔内であってほしいので、デンタルバイオを与えています。

チキンフレーバーだからか、喜んで食べています。