TPLOとは?【整形外科の勉強会】

TPLOとは?【整形外科の勉強会】

2017.12.16 ブログ

こんにちは、獣医師の池田です。

私は外科系診療を得意としておりますが、まだまだ勉強中の身でもあります。

毎日が勉強であり、同じ診断だとしても治療が同じになることはないのが難しいところです。

そんなことを日々悩み思いながら少しでも前に進むことが出来たらと、

先日も整形外科の勉強会に参加してまいりましたので、ご報告いたします。

前十字靭帯断裂の整復手術方法である「TPLO」という術式とその診断から適応について、

丸1日かけて学んでまいりました。

TPLOとは、Tibial Plateau Leveling Osteotomy(脛骨高平部水平化骨切り術)の略で、

前十字靱帯断裂あるいは前十字靱帯機能不全により発生するズレを中和し膝関節を安定化させる手術です。

現在では、TPLOは全世界的に最も広く普及している前十字靭帯の整復術の方式となっています。

もともと前十字靭帯断裂という疾患は中高齢の犬に多く発生するもので、珍しい疾患ではありません。

なので、しっかり学ばなければならないと思っております。

ただ、この手術法は非常に高度な技術が必要で、

日々の積み重ねと高額な機材準備が必要です。

当院としては残念ながら

まだ導入開始には至っておりません。

現在はTPLO手術が必要な仔が来院された場合は

大学病院など二次診療施設へのご紹介とさせて頂いております。

設備導入と技術習得がそろいましたらまたご案内させていただきたいと思います。