犬連れ車旅でフェリー乗船!

犬連れ車旅でフェリー乗船!

2017.11.24 ブログ

こんにちは、獣医師の池田です。

先月の話になりますが、

お休みを頂いて北海道に犬連れ旅行へ行ってきました。

もともと北海道には行こうと思っていたのですが、

18歳になる高齢の犬と離れることなく、

食事や排泄などの世話をしながら一緒に旅行ができるのはこれしかないと、車旅を決めたのです。

ただひとつ問題は、フェリーに乗せるときにペットルームに預けることが決まりとなっていたので、

離ればなれになる時間があることでした。

大洗港から苫小牧港まで18時間乗船の夜行便フェリーで、

夜中から午前10時までと13時から16時まではペットルームに鍵がかかり入ることができません。

揺れのある慣れない場所で排泄の世話をすることも思うようにできず、ひとりにしておくことは非常に心配でした。

しかし、意外にも私の犬はマイペースに自宅と変わらず過ごしてくれ、快適に乗っていられたようです。

こちらの写真がペットルームなのですが、平日ということもあってか貸切状態(笑)。

スヤスヤと寝息を立ててぐっすり眠れたようです。

何とか行きのフェリーを終え、北海道の旅行も一緒に楽しみました。

帰りのフェリーも同じ船員メンバーだったようで 、私をペットルームに案内してくださった船員さんが、

「あ、もしかして先日も乗って頂きましたよね?」と声をかけてくださいました。

補足ですが、フェリーの船員さんは2週間くらい乗りっぱなしなんだそうです。お疲れ様です。

とまあ、こんな感じで高齢の仔でも意外と連れていけるんだ、と感じていただけましたか?

犬とのフェリー車旅、楽しいですよ!!